低用量ピル

マーベロンの効果や最安値で購入できる通販を紹介!

marvelon

マーベロンは世界中で愛用されている1相性の定量ピルで、日本でも最も多くの人に使われています。

それでは、マーベロンとはいったいどのような効果や特徴のあるピルなのでしょうか?

また、通販で購入するにはどこがおすすめなのでしょうか?

今回は、人気の低用量ピルのマーベロンについてご紹介したいと思います。

マーベロンの最安値はこちら

マーベロンってどんなピル?

マーベロンは経口避妊薬で、通常は単に「ピル」とも呼ばれます。エストロゲンとプロゲストーゲンという2種類の女性ホルモンを含んでいます。

望まない妊娠を防ぐために服用することが最も多いですが、痛みを伴ったり、不規則な生理に問題がある女性にも、ピルが処方されることがあります。

マーベロンを服用すると、生理が軽くなったり痛みが少なくなり、月経出血も規則的になります。

一般的には、レディースクリニックやピルを取り扱っている病院で処方してもらうことが出来ますが、最近では個人輸入の通販で購入する人が増加しているようです。

マーベロンにはどのような避妊効果がある?

マーベロには、エチニルエストラジオール30mgおよびデソゲストレル150mgの2種類の有効成分が含有されています。これらは、本来自然に存在している女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの合成版のホルモンになります。

マーベロンを服用することで、自然な月経周期になり、排卵作用を抑制することで避妊効果を発揮します。

また、子宮頸部の自然粘液の厚さも増す効果もあるため、精子が腟から子宮内へと移行しにくくなるほか、子宮内膜(子宮内膜)が薄くなるため、受精卵もそこに着床するのが難しくなります。

このような作用により、妊娠を抑制することが可能になるのです。

マーベロンはどのように服用する?

1日1錠を同じ時間に21日間(3週間)服用し、次の服用を始める前に7日間(1週間)薬を飲むのを休みます。ピルを飲まない週には、血中のホルモン濃度が下がるため、消退出血という出血が起こります。

休薬期間中に出血が続いたとしても、7日間が過ぎたらピルを服用するようにしましょう。

21錠タイプの場合、休薬期間の7日間は自分で管理して休薬する必要がありますが、28錠タイプの方は休薬期間中にはプラセボを服用するため飲み忘れるということがありません。

28錠タイプの方が飲み忘れがないので、28錠を選ぶ女性の方が多いようです。

飲み忘れが多くなると、ピルの避妊効果が薄れてしまうので出来るだけ飲むのを忘れないように注意しましょう。

マーベロンを飲み忘れたらどうすれば良いの?

マーベロンを飲み忘れた場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

普段の時間に薬を飲み忘れた場合は、気がついた時にすぐに飲むようにしてください。

また、ピルを飲んでから2時間以内に嘔吐した場合は、体調が良くなったらすぐに新しいピルを飲んでください。それ以降は次の薬を普段の時間に飲んでください。

マーベロンの特徴は?

マーベロンは、健康に大きな問題がない若い女性に多く処方されます。タバコを吸っている35歳以上の女性を含め、血栓ができるリスクが高い女性にはあまり適していません。

また、 マーベロンは、正しく服用すると99%以上の効果がありますが、飲み忘れたり、嘔吐、下痢、その他の薬を併用していたりすると効果が低下する可能性があります。

以下に当てはまる女性はマーベロンの服用には向いていません。

• 35歳以上で喫煙している、または1年未満で禁煙している
• 体重が重い(BMI35以上)
• 脚に血栓(深部静脈血栓症)や肺に血栓(肺塞栓症)ができたことがある
• 過去に心臓発作、狭心症、脳卒中、小発作を起こしたことがある
• 非常にに高い血圧(高血圧)や血管疾患がある
• 心臓弁疾患や心房細動と呼ばれる不規則な心拍がある
• 血栓のリスクを高める血液疾患がある
• 眼、腎臓、神経を侵す合併症を伴う重度の糖尿病にかかっている
• 前兆を伴う片頭痛に苦しんでいる
• 過去5年間に乳癌にかかったことがある
• 肝疾患、例、肝癌、重度の肝硬変を有する
• 胆囊疾患がある
• 黄疸、かゆみ、耳硬化症と呼ばれる聴覚障害、妊娠性類天疱瘡と呼ばれる発疹が出たことがある人、妊娠中、ポルフィリン症と呼ばれるまれな代謝障害がある前に錠剤を服用した人

などがあります。

授乳中にマーベロンを服用しても大丈夫?

ピルは、授乳中の女性はあまりおすすめすることはできません。これは、ピルに含まれるエストロゲンが、母乳の量を減らしてしまう可能性があるためです。

また、ピルは母乳に移行することも知られています。もしどうしても服用したい場合でも、母乳育児中は、飲み始めるべきではありません。

授乳中の女性は、授乳を中止するまで、別の避妊法を用いるようにしましょう。

マーベロンの副作用は?

多くの女性では、薬を飲んでから3カ月間は、軽い出血がみられたり、胃の調子が悪くなることがあります。気分が悪い場合は、服用を中止しないでください。これらの副作用はすぐに治まるのであまり心配する必要はありません。もし治まらない場合は、クリニック等に相談してください。

一般的にマーベロンで起こる可能性のある服用には以下のようなものがあります。

• 背部痛
• 乳房痛、圧痛、腫脹
• 下痢
• めまい
• 全身の不調感
• 頭痛
• 胸やけ
• 悪心/嘔吐
• 月経痛
• 異常な疲労感や脱力感
• 嘔吐
• 体重の増減

これらの副作用が起こる頻度はそれほど高いものではありませんが、起こる可能性はあるので覚えておきましょう。

マーベロンを購入するにはどうすれば良い?

マーベロンを購入するには、クリニックを受診して医師の処方せんをもらう必要があります。

ただし、一般的に避妊目的でピルを処方してもらうには保険適応がないため自費診療となってしまいます。

つまり、購入する費用がとても割高になってしまうということです。

クリニックによって差はありますが、ピルは継続して服用する必要があるため、費用負担が大きくなり継続出来なくなる女性もいるようです。

ところが、マーベロンをもっと安く購入する方法もあります。

それが、個人輸入代行業者から購入する方法です。

通販で購入すればマーベロンが最安値に!

マーベロンを最安値で購入するのであれば、個人輸入業者の通販から購入するのが一番安くなります。

クリニックで購入するよりも、半額以下になることもあるので最近ではツ半で購入することが一般的になってきています。

マーベロンを購入することが出来るおすすめのショップは「オオサカ堂」です。

オオサカ堂は安いだけでなく、全て正規品なので安心です。

マーベロンの最安値はこちら